シミに効く成分アスコルビン酸とは?

シミに効く美白成分として知られているアスコルビン酸とは、ビタミンCの正式名称のことです。基本的に言って、アスコルビン酸は水溶性のものであるため、どちらかというと安定性が弱い成分であるということができます。

 

シミに効く成分アスコルビン酸とは?

 

そのため、お肌に塗るよりも飲んだほうが高い効果を発揮すると言えるでしょう。

 

アスコルビン酸をお肌に塗って美白効果を得たいと思うなら、マグネシウムやナトリウムをアスコルビン酸に加えることによって、その弱点を補う必要があります。このように付加したものを、ビタミンC誘導体と呼ぶことができます。

 

ビタミンC誘導体は、安定性が高いためお肌の真皮にまで有効成分をしっかりと届けることができます。こうして、気になるシミを消す美白効果が期待できるというわけです。

 

美白効果がより高いのは、アスコルビン酸を飲むことによって体内に摂取することです。たいへん抗酸化作用が高いビタミンCであるため、適量を摂取することによって、体が錆びて黒ずみができるのを防ぐことができますし、シミの原因となるメラニンの増加を防ぐこともできます。

 

シミが気になる方で美白効果を実感したい場合には、500ミリリットルほどの水にアスコルビン酸を2グラム程度溶かして飲むようにしましょう。しかし、できるだけ早く効果を実感したいからと言って、多量に摂取したとしても得られる効果が変わることはありません。

 

アスコルビン酸は水溶性のビタミンCであるため、多量に飲んでもすべてが体に吸収されるわけではなく、余分なものは体外へ排出されてしまうからです。それで、毎日2グラムという理想量を守って摂取するようにしましょう。

 

このように、外部からと内部からという両方からのケアで憧れの美白を実現させることができます。お肌のケアとして、ビタミンC誘導体が配合された美白化粧品を使用しつつ、アスコルビン酸の摂取によって体の中から美白を促すことによって、シミのない透明感のある美肌を目指すことができます。